株式会社アイネックスはソフトウェアの開発、データ復旧サービス、ホームページの作成ツール企業です。

横浜、東京に拠点を置き、検証システム/金融・証券のシステム等の構築、開発を行い、
    データ復旧サービス、ホームページの作成ツール支援と多岐にわたるソリューションを提供します。

galleria

01-02) 1. CSSの配置

1.要素にstyle属性を使って記述する

要素にstyle属性を使って記述する(サンプル)
個々の要素に『style属性』としてスタイル情報を埋め込むことで、その要素の範囲に
スタイルを設定します。
style属性ではセレクタは必要なく宣言のみを記述します。

cssの書き方 <h4 style="font-size:120%">スタイルシートの記述<h4>

2.head内にstyle要素で記述する

XHTMLのhead内にstyle要素を加えてスタイルを記述する。
XHTML全体を通して共通のスタイルを設定することが出来る。
複数のスタイルを同時に設定できるので、外部ファイルと同様にstyle属性を指定する。

cssの書き方 <head>

<style type="text/css>
  h4{ style="font-size:120%"}
</style>



<head>

3.外部ファイルにスタイル設定を記述する

最も一般的な方法は外部ファイルにスタイルを記述してHTMLに取り込む方法です。
スタイルを指定するファイルは『.css』の拡張子をつけて保存します。
XHTMLの<link>タグでCSSファイルとのリンクを指定します。

cssの書き方 <head>

<link href="cssfile.css" media="all" rel="stylesheet"title="CSS" type="text/css" />


<head>